アフィリエイト広告代理店の違いってなんなのだろうか

2016年01月04日

代表の宮下です。

 

新年あけましておめでとうございます。今年は新しいことにチャレンジする年として、多くのことを学んでいきたいと思います。

 

当社の広告ソリューションのメインは今のところアフィリエイト広告代理業です。アフィリエイトの広告代理って何をするのかよくわからない方が多いので新年一発目に書いてみようと思います。

 

そもそもアフィリエイト広告代理をメインにしている会社って少ないんです。そもそもアフィリエイトASPなんて直接契約できますからクライアントさんが直接開始させることもできます。また、代理手数料も獲得件数(正確にいうと承認件数ですけど)が上がらなかったら全然もらえません。はっきり言って手間はかかるけど儲からないのがアフィリエイト広告代理業なのですが、件数を取るためにはいくつかポイントがあったりします。

 

件数をあげる一番大きな要素は成果報酬費の金額です。これは高ければ高いほどいいのですが、クライアントさんが採算のとれない単価にしてしまったら元も子もないです。なのでクライアントさんの事業モデルを理解した上で適正な単価上限を先に決めておくことがすごく大事です。

 

他に件数をあげる要素としてはCVRをあげたり承認率をあげたりするための工夫なので、ランディングページを見直してみたり、バナーをABテストしてみたりというのが業務の一つでもあります。この辺は制作費がかかってくるのでどのクライアントさんでもできるわけではないですが提案だけはさせていただいています。

 

これだけやっても件数が上がらない時は上がりません。アフィリエイト広告も完全成果報酬ではなくだいたいアフィリエイトASPの利用料が毎月かかってきますから、件数が出ないと毎月無意味な固定費が出て行きます。それに嫌気をさしてやめていくクライアントさんがかなり多いです。

 

私たちから申し上げますと、これほどコストパフォーマンスがいい仕組みはないと思ってます。要は使いようですので我々のような運用ノウハウを持っている会社に頼まれるのが早いし楽だと思います。

 

とはいえ、アフィリエイト広告も相性がありますので何をしようが取れない時はありますし、代理店によっては金融は強いけどそれ以外は弱かったります。うちなんかは美容系は強いのですが金融なんてやったこともないのでよくわからなかったりします。同じアフィリエイトでもポイントが変わってきますから。

 

もし医療クリニックやエステサロン、コスメや健康食品の通販サイトを運営されていれば迷わず弊社にお問い合わせください。必ず成功への筋道を示せますので。