エステサロンにしろ美容クリニックにしろ顧客管理システムに手を抜いてはいけない

2015年09月14日

代表の宮下です。昨日は多摩川に釣りにいってきました。10cmほどのニゴイしか釣れませんでしたが、ゆっくりと時間が流れる中での釣りは気分もリフレッシュできて本当に最高です。

 

本題ですが、どこのエステサロンにしろクリニックにしろ、立ち上げ当初から顧客管理システムを開発するところはないと思います。別に開発しなくても、月額利用料を支払えば使えるASPサービスもあるのでそちらにするケースもあります。どちらでもいいのですが、注意点としては、ただ顧客管理システムを導入すればいいというわけではありません。

 

多いのが、予約管理と顧客管理がなぜか別のシステムになっているパターン。これはもはやほぼ機能しない形骸化されたシステムと思ってまちがいないでしょう。にもかかわらず、このパターンになっているエステサロンとクリニックは非常に多いです。

 

なぜ顧客管理システムが必要なのか。その理由は大きく2つあります。

 

1)人件費削減のため

従来は人がやっていた仕事でも、実際はシステムを入れれば済むことはたくさんあります。例えば日報だって、システムでやれば数字部分は一発ででますし、予約表の記入も不要です。ただでさえお客様対応だけで忙しいのに、やれ日報だやれ予約表だと書いていたら余計残業になる可能性が高くなります。残業が増えれば辛くなって辞める人も増えますし、やめたら今度採用もしないといけない、採用したら教育しないといけないと、どんどん人件費が高くなります。なので、人じゃないと対応できない仕事とシステムで完結できる仕事を分けて、しっかりとシステムを作ることが重要です。

 

2)マーケティングの改善のため

マーケティングは感覚でやっていると失敗します。マーケティングの鉄則は、成功パターンを見つけるというより失敗パターンを二度としないように消去法でやっていくべきです。そのためには、どの広告から来たお客様が最終的にどのくらいの売上につながったのかを分析する必要があるのですが、これがすぐにデータとして出てくる会社と調べるのに1ヶ月かかる会社とでは改善スピードが異なってきますので、数年後には圧倒的な差が生まれます。これも、最初から何を分析する必要があるのかさえわかっていれば大して難しい話ではないのですが、なかなかマーケティングのことがわかっているオーナーというのは少ないと思います。

 

システム開発は普段生活している中では関わらない商取引になりますので、値段を提示された時には驚かれる方が本当に多いと思います。しかし、それはあまりにも短絡的な視点ですし、システム開発会社の方もただ金額を提示するのではなくてどのくらいの費用対効果があるのかを説明すべきです。

 

まだ企画段階ですが、サロン運営コストが大きく下がり、また、マーケティング分析がすぐにできるシステムを構築してくれる企業様とアライアンスの話を進めているので、いつかリリースできるのではないかと考えております。

 

毎日の出会いに感謝です。