広告職人

株式会社えきな 職人長

宮下 友誠

Tomonari Miyashita

1984年に神奈川県小田原市で生まれ、高校卒業まで地元で育つ。明治大学を卒業後、ネットPRの会社に就職するが、自己成長のスピードに物足りず、入社から2年後に数人規模のインターネット広告代理店に転職。転職後は社長直下のポジションに就き、月500時間以上働き、転職から1年後に同社の取締役に抜擢される。27歳の時にまくびーインターナショナルから出資を受ける形で株式会社えきなを創業。初年度から年商は6,000万円を超え、2年目には年商3億円を超えた。インターネット広告には幅広い知見があり、PPC広告、アフィリエイト広告、アプリ広告など多くのソリューションを手掛けることができる。業界知識としては美容系、金融系、リユース系の知識に長けている。特に美容系企業からの依頼は多く、場合によってはマーケティングコンサルタントとしても活動をしている。


株式会社えきな 職人長

石上 為将

Yukinobu Ishigami

1988年に東京都文京区で生まれ、高校卒業後、東京理科大学へ進学。就職活動の際、友人達が大手メーカー、大手金融機関の内定を受ける中、 最も自己成長できる環境へと、ネットベンチャーへ新卒として入社。入社3ヵ月後には当初20名以上いた従業員が4名になり、右も左もわからぬまま広告運用責任者へ抜擢。 年間予算5億円のプロモーションを1年目から手掛け、運用型広告のノウハウを得る。その他、人事、営業、新人教育など幅広い業務を経験。 25歳の時、代表宮下から誘いを受け、株式会社えきな取締役に就任。業種、予算を問わずリスティング広告、Facebook広告など、運用型広告の提案、運用、レポーティングまでワンストップで行う。